羽毛布団の紹介

羽毛ふとんのご紹介

About us

羽毛ふとんとは

羽毛布団の定義
含まれているダウンの割合が50%以上のものであれば羽毛布団、
逆にフェザーの割合が50%を超えるものは羽根布団と呼びます。
羽毛布団は布団のボリュームを出す為、フェザーを含みます。
壱岐工芸の羽毛布団は、ダウン率85%以上と定めています。


当社で販売するにあたって使用している羽毛は、
前述の通りダウン率85%以上
シングルサイズ掛ふとんの充填量 1.3kg
ダブルサイズ掛ふとんの充填量  1.8kg
と定めております。
品質表示には、ダウン ○○%、フェザー○○%
と表示しておりますが、以下はその説明となります。

ダウン

水鳥の胸部の毛で、羽軸がなくフワフワとしたタンポポのわた毛のような形をしている羽毛で、ダウンポールと呼ばれたりします。

スモールフェザー

胸部などに生えている少しカーブした羽軸をもつ羽毛。羽根全体が柔らかいので羽毛ふとんに使われます。ダウンと混合され弾力性を発揮します。

フェザー

翼の部分に生えている羽軸を持った羽毛。一般的には羽毛掛ふとんには使われません。枕の詰め物等に使われます。



アヒル(Duck)を例に使用しています。

充填量も、ダウン率が良くても入ってる量が少ないと全然暖かくありません。
では、少ないより多い方が良いか?というとそうでもありません。
ダウンの質が良いために少量でボリュームがある場合がありますし、
ダウンの質が良くないため、たくさん詰めないと十分なボリュームが出ないから多く詰める場合も考えられます。
つまり、単純にたくさん入っていれば良いわけではないんです。